こんにちは。eight鬼木です。

先日、トヨタ自動車の社長であり、日本自動車工業会の会長でもある豊田章男氏から

「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」

という発言がありました。 

また、最近では45歳以上を対象とする大手企業(上場企業)の早期退職募集が目立ってきていますね。以下は、taromoteki.com/large-company-poor/ からの情報です。

コカ・コーラ:2019/2/14 
45歳以上の社員を対象に希望退職者700人を募集すると発表
協和発酵キリン:2019/2/5 
45歳以上の社員を対象として希望退職者を募集すると発表
日本ハム:2018/10/31 
45歳以上の社員を対象に、全社員(子会社への出向を含む)の約1割にあたる200人を上限に早期退職者を募ると発表
NEC:2018/6/29
45歳以上、金属5年のグループ会社で間接部門やハードウエア領域の特定部門に在籍する社員に希望退職者を募集すると発表
エーザイ:2018/10/25 
45歳以上の従業員を対象とする早期退職を募集すると発表(見込み100名)
カシオ計算機:2019/2/4 
45歳以上の国内営業部門・スタッフ部門に在籍する勤続10年以上の社員に早期退職者の募集を始めると発表
アルペン:2019/1/9 
45歳以上の社員に収益性の改善に向けて約300人の希望退職者を募集すると発表
千趣会:2018/10/26
45歳以上の正社員・全契約社員に望退職者を募集すると発表
光村印刷:2019/1/16 
子会社の新村印刷で44歳以上の従業員30人程度の希望退職者を募集すると発表
富士通:2019/03/18 
45歳以上の富士通グループ全従業員に給付金付き早期退職を募集

これ以外にも、東芝(50歳位*部門により異なる)、中外製薬:2019/4/24 45歳以上、日産自動車:2019/5/14 過去2007年の経験からも45歳以上かな?

という状況です。

しかしながら、一方で40代50代を歓迎する企業も多いですね。職種や事業部によっては早期退職を打ち出している大手企業でも募集をしていたりします。画像は、知人のSNSに入ってきた広告です。

先日訪問した大手老舗飲食業A社さんでも、50代の採用は積極的に実施ていて、最近は50代男性の応募者も増えているとか。しかも異業種ですが、大手でしっかり働かれてきた優秀な方が来てくれるそうです。A社さんでは雇用延長で70歳まで活躍できるそうで、50歳で入社しても20年働き続けてもらえるから大歓迎!とのことでした。

しかし、優秀で経験豊富な50代でも、若い女性店長の元で働くということになるため、プライドが邪魔をして職場に馴染まず辞めていく方も多いそう。

よくある話ではありますが、せっかく転職できたのにもったいないですね。

聞けば、待遇が下がってしまうことは承知してくれていても、スキルや経験に対する評価(周囲からの承認)が落ちてしまうことは納得がいかないケースがあるといいます。

そして、A社の担当の方が「40、50代は、転職先で活躍するためにも"キャリアの捨て方"、を学んでから転職をされるといいのでは?」とおっしゃっていて、なるほど!!と思った次第です。

キャリアを捨てるとまでいかずとも、これまでのキャリアをどう生かして定年まで全うするか、あるいは早期退職があったとしてもポジティブにどうつなげていくべきか、一度立ち止まって考える機会は絶対に必要です。

この3つは、中高年のキャリア相談者の特徴と言われています。もし当てはまるようでしたら、ぜひ「俺のキャリアデザイン」公開研修へお越しください!

もしくは、今後従業員の方々への取り組みの1つとして検討していただく研修内容としても参考になるかと思いますので、人事の方にもオススメです!!