つかんだ”わら”を手放すとき…わらしべ長者的キャリアデザイン

こんにちは。おにぎりです。

“わらしべ長者”の絵本を、下の子がこども園から借りてきてくれて

いつものように読み聞かせしていたら。

「そうなんだな〜」って思うことがありました。

古い名作には、結構解説がついていて、それも楽しみのひとつなんですが

それよ読んでさらに「おーそうかぁ」と。

20150821_120045

 

だから何??っていうと….

キャリアデザインに通じるなと。

わらしべ長者って、たったひとつの”わら”から、物々交換(?)していって

とうとう大金持ちになったというお話ですよね。

で、わたしは、最初の”わら”を簡単に手放したことに、ちょっと驚きだったんです。

観音様が

「はじめに触れたものをはなさず大事にもって旅にでなさい」

とアドバイス。

「はなさず大事にもって」って言われたのに

わらについたアブを欲しがる男の子にあっさりあげちゃったこと。

ここにちょっと驚いたんです。

観音様の言いつけなのに、いいの??って(笑)

この絵本は

=====

ポプラ社

文 西郷竹彦 絵 佐藤忠良

=====

で、他の絵本や物語は、少し違ったりするみたいです。

「はなさず大事にしなさい」なんて言わないことも多々。

だから、この絵本を読むまでは気にもとめていなかったわけです。

 

で、この気になっていた部分を、作者の方の解説をみて、「おおお〜そうかぁ」

となったわけです。

それは….

「観音様のご利益とか、男の信心深さ、そんな話じゃない。偶然や運の話でもない。

『わらしべを手放したからこそ、運もひらけてきた』」

わらしべ長者

と言うわけですよ、奥さん。

意外とワイルドな話じゃないか〜と感心。

さらに、途中、反物と馬を交換するところで、その馬ときたら瀕死で、もう馬肉にするしかないか(言い過ぎましたすみません)という様子なんですが、

若者はあっさり交換。

「美しい反物たちがぁToT」と、ちょっと心配になるくらい(結末知っているからそこまでドキドキしないけど)。

そこを作者の方は「リスクをとった」と、何やらビジネスライクなことを言うのです。

そのリスクをとったところ、馬は元気に回復。

そしてその馬のおかげで、大きな屋敷と田んぼを手に入れたというわけです。

ちなみに、

わら→みかん→反物→馬→屋敷と田

というのがこの絵本のわらしべ長者でゲットしたもの。

 

『わらしべ長者』というお話は

*心の優しい貧乏な若者が

*観音様にしっかりお参りしたことで

*運がついて大成功

 

ではなくて!

 

*最後は神頼みしかなくなった若者が(手を尽くした最後の手段)

*目の前の困っている人を放って置かず(利他の精神)

*時にはリスクをとって病気の馬を引き取り(自分の意志で切り開く)

*時には柔軟な発想でわらにアブをつけたりする(オープンマインド)

すごい若者だった!

ということがわかりました。

これって、普段私たちが直面している、仕事のこと、人生のこと、通じるなぁって思いました。

 

手放すなと言われた”わら”って、例えば過去の栄光とか、苦労して取得した資格とか、

学歴とか、そういうものとリンクしませんか?

観音様なのか、親なのか、心の声なのか分からないけれど

そこに固執して、実は目の前にあったチャンスを見逃していたり

本当に大事な場面で見て見ぬ振りをしてしまっていたり

、ね。気づいてないけどあるかも。

しかも、若者のように”わら”にアブをくっつけるみたいに

自分の持っているものを磨くこともしないなんて、いかんなぁ、と。

そんな風に考えされられました。

女性、そしてとりわけママになると、色々と責任を感じたり

自分のことだけ考えていたらいいわけじゃないので

心に蓋をしがちですが

目の前にある黄金色の”わら”を掴んでみること。

そして、その”わら”が大事なら、少しずつでも磨いていく努力をしておくこと。

いつか、素敵なチャンスがきたときに、その”わら”を手放してもチャンスを見逃さない

そんなキャリアデザインを考えみるといいかなって思いました!