夏休み子ども漫画塾最終回

manga

 

 

 

プロの漫画家の清水りえさんを講師に

夏休み企画を実施しました。

わたし、おにぎりは小学5年生の時に漫画家になりたい!

と文房具屋さんに行って、ペンやインクやスクリーントーンを買い

使い方もわからないのに、見よう見まねで使い夢中になった時期が。

あの頃、こんな先生に出会う機会があったらな〜

なんて思うわけです。

なぜなら、使い方がわからなすぎて、全くうまくいかなくて

挫折したから(笑)

誰に聞いてもわからないし。

プロの漫画家なんて出会う機会もない。

卵にすら出会うことは難しい。

 

この夏休み、清水りえ先生に出会った子どもたちは

幸せだなーと思います。

上手いとか下手とか、才能あるなし、ではなく

プロとして活躍した大人に出会って指導を受けられる機会が

あるということ。

子どものうちに、いろんな素敵な大人に出会うことって

本当に大事だなって思います。

思えば、わたしの周りには本当に素敵な大人がいっぱい。

感謝感謝です。