人が採用できない。定着しない。育たない。

愛知県の求人倍率。ご存知でしょうか。
経営者や事業を営む方は、知っているかもしれません。

なんと、1.53倍(11月値 有効求人倍率)。
全国平均の1.12倍(同)を大きく上回ります。

私は以前リクルートHRM東海(名古屋,当時)にて採用のお手伝いをしていた経験があります。
リーマンショック前の2008年前半まで1.8という高水準で推移していました。

現在も毎月数値が上がるのをみているとあの頃を思い出さずにはいられません。
採用費用がどれほどかかったことでしょうか…。
応募にすら来てくれない、そんな状況が本当に辛かったです。

この頃から、介護業界では人手不足感が強く、看護師さんなど医療福祉関係の人手不足が
深刻でした。また流通小売業界、製造業、IT技術者も然り。

団塊世代の定年退職の問題、若年層の仕事観の変化や新卒ニート問題などもあり
非常に危機感が募りました。
これからの日本を支える労働者はどうなるのだろう。
目の前のことに追われながらも、将来に不安がありました。

その後サブプライムローンに端を発して、リーマンショックが起こり
金融危機からの景気後退がありました。
求人倍率はおよそ半年の間に1を切る事態に。

景気に左右されやすい業界でしたから、会社も大変なことになりました….。
早期退職制度が若手もミドルも関係なく適用され、人員整理が行われ会社内は暗い雰囲気が
漂っていました。
私はそのころ2人目を妊娠していまして、夫の転勤も迫っていたこと
自分のキャリアについて見直す良い機会であったことなど色々なことがあり
早期退職制度に手を挙げて退職しました。
間もなく、フリー(独立)することを目指して、転勤先で新しいスタートを切ることになりました。

さて、人が採用できない。定着しない。育たない。
は、企業にとって大きな課題です。
特に中小企業にとっては悩み深いのではないでしょうか。

cropped-top.png

国としてももちろん大きな課題です。
求人倍率が上がり、若者も減り、ということで
ますます採用が困難。人気企業や大企業でさえも”優秀な”人材をいかに確保するかが
最重要課題になってきています。

そして、注目されたのが、女性、外国人、シニア、ですよね。

そうは言っても、この人たちが第一線で働き続ける職場環境が整っていないと
人が採用できない。定着しない。育たない。
の悪循環が起きます。普通に考えれば当たり前なのですが、当たり前と思えず
この人たちが合わせるべきだと職場改革、働き方改革をせずにいる企業が少なくありません。
単純にどうしたらいいか分からない。そんな暇はない。など
理由は様々あるでしょう。

eightはママの輝く場をつくるために存在しますが
ママの努力だけでは到底難しいと、
職場環境をつくる、定着する人材育成を進めていくことにしました。

■採用に困っている企業様
 ■定着する職場づくりを考えたい
 ■何とかしたいけどやり方が分からない

女性が働きやすい職場、働いてみたいと思う企業は、
男性もシニアも外国人も働きやすい職場です。
良い職場をつくり良い人材が入ってくるための土台をつくりませんか。

女性視点、これまでの人材採用、育成に取り組んでいた経験を役立てたいと思っています。

コンサルティング、研修、仕組みづくりなど”一緒に”汗を流して現場を大切に取り組みます。
ぜひお問合せ下さい。

info@8eight8.jp 鬼木

■研修プログラム、講座のご案内