こんにちは。

eightおにきです。

 

 

{455EB6B7-3651-4F2A-B858-F1E894E33218}

**外でこたつ。というミラクル(チャレンジショップCo.Laboさんにて)

 

 

 

先日、新規アポを頂いたお客様に訪問した時のことです。

 

先方は、中小の部品メーカーさんの総務人事の方。

思ったより遠くて到着がアポの時間ギリギリにあせる

 

営業のあゆちと焦って駆け込むと

「本当にお待ちしていました」

と言われ、

「本当にギリギリで申し訳ありません」と平謝りでございます。

 

名刺交換、ご挨拶が済んで

話を始めると

「本当にお待ちしていたんです」

と、またおっしゃる。

 

ん???責められている様子はない。

 

よくよく話を聞きますと、こういうわけでした。

 

=====

先方は女性でその会社で総務人事を担当されています。

転職して5年、業務のかたわら社長や専務の秘書も兼務されています。

 

eight創業時に中日新聞や中部経済新聞を見て

「女性が働きやすい環境」をつくるeightに共感。

しかし現実、今の会社は、封建的で男性社会、女性は補助的業務のみという社風。

女性は机をふき、お茶を出し、ゴミ出しやコピー取りをしているような状況で

この会社では力を発揮できないと悩んでいました。

 

そこで、いつか会社を辞めてeightのような活動、あるいはもっと広げて

色々な方の輝ける場、働く場をつくっていきたいと考え

その思いをぶつけるべく、メールを書いて下書き保存。

送信ボタンを押す勇気がなくそのままになっていたそうです。

 

そこへ、私からの電話。

まさか、まさかの奇跡です。

そしてアポイントの日は

「芸能人に会ったような気持ちです」

と、そこまで感激してくださるほど目

 

「本当にお待ちしていました」

というお言葉、なるほど納得でした。

======

 

私たちも、こんな風に思ってくれている方がいることに感動。

溢れる想いもしっかりお聞きしました。

ここでは無理、もう辞めよう。勉強して独立して、何かはじめよう!とまで考えていたそうです。

でも勇気がないし、どうしたらいいかもわからないし…という状況。

メールも送信できずにここまで来てしまったとのこと。メールのコピーを最後に手渡ししてくださいました。

 

ああ、やっぱり…えーん

世間の「女性活躍」という言葉を聞きながら

こういう風に会社の中で大きな壁に当たり

現実と理想との狭間で苦しんでいる女性社員は多いんだろうな、、と

私たちの仕事の意義はここにあるんだよなって、この方のおかげで

改めて気づかされました。

 

そして、そして、しっかりお話をお伺いしていく中で

最後には

「今、ここでできることがありますね。私が何か行動を起こしたら

会社が変わるかもしれない」

と、戸惑いながらも

そんな風におっしゃってくださったんです。

この言葉も嬉しかった。一緒に頑張りたいなって思いました。

 

引き寄せの法則ってあるとは思いつつも

こんなことってあるんだなって驚きました。

だって、私が電話したんですよ、数ある営業先リストの中から。

たまたまですよ。たまたまガーン

ほんとすごいな。

 

もし、この方のようにわたしたちeightへ何か言いたい!

伝えたい!と思ったら

ぜひお気軽に、ほんとーにお気軽に、メール送信ボタンを押してくださいね^^/

 

www.8eight8.jp/info/

 

お待ちしております!!